ベビーシッターの自宅リフォームにかかるお金 - 介護を意識してベビーシッター宅をリフォーム

介護を意識してベビーシッター宅をリフォーム

  • ベビーシッターの自宅リフォームにかかるお金

    • 自宅をリフォームしてベビーシッターをする場合には、どれくらいお金が必要かを考えておく必要があります。

      お金をかければいくらでも良いリフォームをすることはできますが、そこまで必要ない工事もあります。



      例えば、2階建ての戸建住宅の1階だけを使うというのであれば、1階に安全対策を施して保育ができる環境に整えておけば、十分という場合が多いです。


      2階には入れないように柵などを置いておけば、階段などのリフォームはしなくても良いでしょう。そのかわり、1階で保育ルームとして使う部屋にはしっかりお金をかけるようににした方がいいです。
      自室兼保育ルームというのは好ましい環境ではありませんし、ベビーシッターの規則で禁止されていることもあるので注意しましょう。


      まずは子どもがケガをしないように、危険箇所はどこかをチェックしておきましょう。例えば段差や出っ張りがあるような場合には、その部分をリフォームして解消しておいた方がいいです。段差のリフォームはホームセンターの道具でDIYもできます。


      自分でできる自信がないという箇所は、専門業者に任せるようにすると費用を節約することができます。

      ベビーシッターをするからには、適当な気持ちで臨まないようにしましょう。自分の子どもを世話するのと違い、他人の子どもを預かる場合には責任の重さが違ってきます。



      「ちゃんと施工しておけばよかった」と後で後悔しないように、予算内でやりくりしましょう。